いぼを切除する施術方法

女性

炭酸ガスレーザー

いぼが出来てしまうと患部が気になってしまいそこばかりを触ったり掻いてしまいますよね。ですが、無理に取ろうとすれば出血し、バイ菌が入り感染症にかかる恐れもあります。自分でいぼの処理を行うなのは危険なので、きちんとしたクリニックでいぼを切除しましょう。しかし、いぼをクリニックで切除しようと考えても、痛みが怖くて長くいぼを放置してしまったという場合もあるかと思います。ですが、今はいぼの切除方法にも色々あり、痛みも感じにくくなっています。特に人気なのが「炭酸ガスレーザー」で、痛みを感じない事が特徴です。そして、炭酸ガスレーザーであればどのタイプのいぼにも対応しているので安心ですよ。「自分のいぼが対応出来るか心配」と不安な気持ちも解消してくれます。また、レーザーと言えば肌にやけどや痛みがないか心配になるかもしれませんが、麻酔クリームの使用も可能ですので、痛みを感じる事はほとんどありません。ハサミに比べて出血も少なく済むので、ダウンタイムも少ないです。

いぼを完全に取り除くなら、切除施術がオススメ

出血や痛みが原因で、いぼを切除するのに抵抗がある方も多いかと思います。しかし、切除を行う施術方法の良い点は、確実にいぼの部分を取り除いてくれる事です。ウイルス性のいぼの場合、いぼの部分がもし患部に残ったままでであれば、再発症するリスクが伴います。しかし、切除を行えば再発の恐れもありません。他の施術に比べて再発の心配は少ないので、しっかりいぼを取り除きたいと考えた場合この施術がオススメです。しかも、切除してしまえば1度施術を行うだけで済みますので、通院する時間を必要以上にとる事はありません。さらに、価格もお手頃になっているのも魅力の1つです。
ただ、どうしても気になってしまうのが、痛みが生じないかという点ですよね。
ですが、メスを用いる場合は、患部の痛みを防ぐために局部麻酔や麻酔クリームが使用されます。なので、痛みが気になる場合も安心して施術を受ける事が可能です。しかし、ここで気を付けてほしいのが、クリニック選びです。切除を行う施術が成功するには、ドクターの腕が大きく関係します。特に顔に施術を行う場合、顔に跡が残らないかかえって目立つようにならないか心配になりますよね。そういったトラブルを避けきちんとした施術を受けられるよう、クリニックを選ぶ際はホームページでドクターの実績を見たり口コミの意見を参考にしてみましょう。
また、しっかりいぼを切除し、安全に治療を終えるならば、カウンセリングでもしっかり相談を行いましょう。施術の費用や、麻酔の使用の有無など出来る限り自分の要望を伝えるようにしましょう。疑問点のほか、不安点なども伝える事でよりスムーズに施術を行う事が可能になりますので、些細な事も伝えましょう。しっかりと不安を解消し、万全な状態で施術に臨むようにして下さい。

体の中からケアする内服薬もある

いくら安全な治療と言われても、レーザーやメスで肌に直接施術を行いたくない場合もあるでしょう。そんな場合は、内服薬を用いた治療法を選んでみましょう。ウイルス性のいぼが原因である場合、皮膚の免疫力をあげる事で、いぼを治す事が可能です。ただ、服用する事で体への影響が心配になる場合もあるかもしれません。しかし、メインとなる成分は、「ヨクイニン」と呼ばれるハトムギから取れる成分ですので安心です。免疫力が自然と高まり、いぼを治すだけではなくプラスαでの良い効果をお肌に与えてくれます。毎日決められた時間に服用するだけなので、普段サプリメントを飲むような感覚で治療を行えます。また、この内服薬は医療機関のほか、市販で手に入れる事も可能です。近くのドラッグストアで取り扱いがあれば、気軽に試す事が出来ます。ただ、いぼがウイルス性ではなかった場合、効果を感じられない事があったり、内服薬にヨクイニンを含む量が少なければ効果を感じられません。せっかく購入したものの、効果を感じられなければお金が勿体ないですよね。確実な治療と最低限費用を抑えたいと思えば、医療機関に相談される事が好ましいです。また、いぼによっては悪性の場合もあるので、やはり1度ドクターに相談をしてみましょう。
そして、内服薬による治療は直接肌に行う施術方法と異なり、完治するのに時間がかかるため、早期治療を望んでいる方にはおすすめしにくいです。また、先述の通りウイルス性のいぼにのみ効果を発揮します。しかし、値段はお手頃であり、体の内側からケアを行うので再発防止にも一役買ってくれます。以上の事から、トライアルする価値は十分ある治療法だと言えます。