いぼは早期治療を行おう

女性

ウィルス性のいぼに注意

年齢と共に生じるいぼもありますが、ウイルスに感染する事で発症するいぼがあります。そのいぼの名称を「疣贅」と言います。難しい名前ですね。読み方は「ゆうぜい」と読み、特徴としては皮膚がドーム状に盛り上がった状態であり、かたくゴワゴワとしています。いぼの色には、白や灰色、ピンクといった色味が見られます。このいぼが出来る原因は、ヒトパピローマウイルスと呼ばれる病原菌が皮膚に感染する事により発症します。症状は足や指や手のひらに出来ます。また、膝の裏などの気付きにくい場所に出来る事もあるため、すぐに気付かない場合もあります。
疣贅にかかったと分かったら、すぐに病院に受診しましょう。疣贅のやっかいなところは、人にも感染する可能性があるという点です。同じタオルを使用したり、同じお風呂に入る事で感染します。温泉などの公共施設などに行き、他の人への感染を拡大するケースもあるため、必ず治療を行いましょう。
痛みや痒みがないからとそのまま放置してしまうのは危険です。自然治癒となると半年以上の時間を必要とする場合もあります。その間に感染を広める可能性もありますので、早めに治しましょう。

いぼは年齢によって発症しやすい種類がある

子供に多く見られるのが、「尋常性疣贅」であり、「じんじょうせいゆうぜい」と読みます。発症の原因は、傷口からの感染であり、元気でよく転びやすい子供は膝や腕の関節に出来やすいです。
また、大人になってから出来やすいいぼに「青年性扁平疣贅」があります。「せいねんせいへんぺいゆうぜい」と呼ばれるいぼで、顔に発症するケースが多いです。また、男性よりも女性に発症する事が多くあります。女性にとって顔にいぼが出来るという事は大きな悩みとなってしまいますね。治りにくいいぼとも言われるため、早期発見・早期治療が必要となります。
他にも、老人性疣贅と呼ばれるいぼがありますが、これは年齢と共に出来るいぼであり、紫外線による肌へのダメージによって起こるいぼです。体への悪影響を及ぼす心配はありませんが、顔などの目立つ場所に出来た場合は、切除をオススメします。クリニックで適切な処置を行い、目立たなくしましょう。